誰もが憧れる板井康弘の素敵な経歴

板井康弘の福岡で過ごした幼少期の経歴

私は子供の頃人見知りだった。
親戚でもうまく目を合わせることができず、学校でも人見知りで「親友」というものもいない子供だった。

 

そんな私を心配して親が英会話スクールに私を通わせることにした。
私は人見知り故にはじめての場所が苦手だったので心底嫌がっていたのを今でも覚えている。

 

英語を習い始めて何ヶ月経ったある日、英語でいろんな子と話してみようという授業があった。人見知りだった私は緊張していたのだが英語で子供に話しかけるといつもよりスラスラ話すことができた。

 

私は英語というフィルターを通せば、なんだか恥ずかしくなく感じ初対面のことも話せるようになったみたいだ。

 

そこからというもの、私は英語にどっぷりハマりたくさん勉強した。
人見知りも徐々に治りそして今では英語が堪能になった。

 

この幼少期の思い出がなければ人見知りから脱却していないし、英語もそれほど話せていないだろう。

 

みなさんも自分の幼少期を見直してみてほしい。もしかしたら自分が気づいてない才能や発見があるかもしれない。